井川町の麺屋志乃助で舌鼓

日記

お盆休みの後半、所用で北秋田市まで外出。コロナ自粛でもなければ、そのまま遊びにでも行くのだが、まあしかたない。せめて好きなラーメンが食べたいと、帰りに遠回りして、井川町にある麺屋志乃助に行った。

なかなか井川町って行くことがないのだが、数年前に仕事途中で立ち寄ってから、すっかりファンになってしまい、わざわざ自宅のある仙北市から食べに行くこともあるラーメン店。

店内に入れば、店員さんが席に案内してくれる。混んでいれば、入り口で受付する(よくあるノートに人数と名前書いとくやつ)。水はセルフサービス。お会計は、食後に伝票をもって入り口付近のレジで。確か、ペイペイは使えると書いてあったが、他の現金以外の支払い方法は気が付かなかった。

8月15日(日)の11:30頃に来店。すでに駐車場はいっぱい。隙あらばと、車を駐車させ、受付を済ませる。自分達の前に5組がすでに受付していた。店の入り口で待つ人や、駐車場の車の中で待つ人と、大勢待っているように見えるが、回転がいいからか、10分程度待っていたらカウンター席に通された。これが、家族連れ数名でテーブル席となると、もう少し待つかもしれない。

写真は赤之助の大盛り、ワカメトッピング、ネギ抜き、ニンニク乗せ。テーブルにコチジャンとおろしニンニクが用意されており、それを自由にトッピング出来るのでありがたい。他の店でもおろしニンニクを用意している所はあるが、あまり使われていない様子だったり、変色していたりと、あまりよろしくないのだが、ここのお店はいつも補充、交換しているのだろうか、綺麗な状態。ニンニク好きな自分にとっては高ポイント。

嫁さんと二人で来店し、「(嫁の)ネギ乃助と、赤乃助の大盛りにワカメトッピングで、ネギ抜いてください。それと餃子を一枚。」感心したのが、この注文を受けている女性の方はメモを取ることなく、うなずきながらこちらを見ているだけ。こちらが言い終わると、注文内容を繰り返すのだが、もちろん間違えもない。ただ、さらにサイドメニューとか飲み物注文するとなるとどうなるのか。こちらが気を使って注文しずらいってのもある。

食レポはぐるなびとか他のサイトにお任せする。ただ、自分の好きな濃厚な味噌ラーメンに好物のニンニクとコチジャンを自由にトッピング出来て、さらに嫌いなネギも抜ける。追加でワカメなど、トッピングメニューも豊富。餃子も美味しい。これで十分満足。

割とネットで美味しそうな飲食店とか探して出かけるのが好きなのだが、あまりラーメンには興味がない。秋田県内で美味しいラーメン店とか紹介されても、「ふ~ん」で済ませてしまう。なぜなら、ここ麺屋志乃助が自分の中では一番だから。

ちなみに誰かにここを紹介すると、割と高評価なので、私の好み云々の前に基本的に美味しいのだろう。

初めて行ったとき、お昼時間からはずれていたのだが、その時も割と混んでいた。当初は、まあ失礼な話だが、この麺屋志乃助のある国道285号、国道7号交差点付近には、飲食店が多くないので、「他に行くところないから混んでるのか?」くらいにしか思っていなかったのだが、すぐに間違いだと気が付いた。

自宅のある仙北市から井川町にある麺屋志乃助までのんびり100分くらい。高速使えば早いが、わざわざラーメン食べに行くのに、高速料金も払いたくない。でも、このくらい離れていて良かったのかもしれない。近いと頻繁に通ってしまうだろうし、このわざわざ遠出して食べるってアクションも、ラーメンの味を特別なものにしているのかもしれない。おすすめのラーメン屋さん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました