コロナワクチン接種後の経過について

日記

8月28日に二回目のワクチン接種。9月1日までの経過は前回の記事で。

その後の様子はというと、断続的に頭痛が酷い。なんともない時は頭痛の事なんか忘れているが、一旦頭痛が始まると、まあ酷い。

ワクチン接種に備えて用意しておいた解熱鎮痛剤を飲めば、だいぶましになるので、毎日飲んでいた感じ。

朝食は食べない事が多いので、朝は我慢して薬も飲まず、お昼に会社でお弁当を食べてから飲むことが多かった。そのまま夕方から夜にかえても頭痛が出ることもあったが、出来るだけ薬にも頼りたくなかったので、余程酷くなければ、飲まずに我慢していた。

一日に一回とは言え、毎日薬(解熱鎮痛剤)を飲む事に抵抗があった。

この記事を書いている9月16日現在、だいぶ頭痛は良くなった。ただし、完全に消えたわけではないので、たまに解熱鎮痛剤を飲む。

精神的に落ち込んでいて、もしかしてコロナワクチン接種のせいかも・・・なんて思っていたが、今ではだいぶ精神的にも落ち着いている。

頭痛や、精神的な落ち込みも、本当は季節の変わり目だからかとも思うようになった。いかんせん、コロナワクチン接種なんて初めての経験だったので、「ワクチン接種のせいかも!」とも思いたくなるが、正直、どちらとも判断つかない。

日中、外で太陽にあたればまだ汗ばむこともあるが、朝晩は寒いくらいまで気温が下がり始めている。寒いなら寒いで安定すると、多少なりとも落ち着くか。

頭痛とか精神的な落ち込みとかも辛いけど、コロナ自粛のせいで出かける事が出来ないことが、こんなにもストレスになるとは思っていなかった。県外日帰り旅行がしたい今日この頃。

コメント

タイトルとURLをコピーしました